採用情報

スタッフ紹介

採用情報 > スタッフ紹介 > 若林新悟

若林新悟

「こんなハンバーガーもあるんだ」と 子どもたちが感動するお店をつくりたい。

若林新悟

上京して一軒目で遭遇。衝撃を受けた。

営業職で働いていた頃、会社の寮に住んでいたのですが、近くにとても雰囲気が良くてカッコいいハンバーガーショップがあったんです。それがきっかけでハンバーガーショップをあちこち食べ歩くようになり、いずれは自分でハンバーガーショップをやってみたい、と思うようになりました。父親の鉄工所を手伝うようになり、近くのハンバーガーショップで働かせてもらったのですが、大事なところはなかなか教えてもらえず、「これは東京に行くしかない!」と思って乗っていた車を売って上京。とりあえずまたハンバーガーショップ巡りをしようとして、一軒目に遭遇したのがMUNCH'S BURGER SHACKでした。衝撃でしたね。「ここで働きたい」と思い、ホームページから応募して、面接をしてもらいました。

見たことのない調理方法に興味津々。

入社するまで、調理には全く触れたことがありませんでした。キッチン担当になってみて、調理は「楽しい」と感じられています。MUNCH'S BURGER SHACKでは自店でパティをプレス機でつくりますし、自家製のオニオンピクルスをクラッシュする際には厚さの調節で食感にこだわったりもする。食べ歩きで見てきた他のハンバーガーショップでは触れたことのないような調理方法に興味津々になるし、それらを身につけて自分がお客様に提供したハンバーガーで、お客様から「美味しかった」と言っていただけるのはものすごく嬉しいものです。入社して間もないですが、新しいことをどんどん覚えられるのも楽しいです。

まわりはみんな「向上心のかたまり」。

上京する前に働いていたハンバーガーショップでは、自分の将来に役立つことをなかなか教えてもらえなかったということと同時に、お給料の面での不満もありました。自分の中では「勝負する」という意気込みで当社へ入社したので、お給料は生活できればそれでいい、くらいに思っていたのですが、実際には思っていた以上にいただけているのでそういう面でも満足しています。そしてオーナー夫妻や店長の佐藤をはじめ、MUNCH'S BURGER SHACKで働くスタッフはみんな意識が高く、「もっとたくさんのお客様にご利用いただこう」という向上心のかたまりのような人たちばかり。そんな人たちに囲まれて働いていれば自ずと自分も「がんばろう」となるし、そんな環境にいられることが幸せだと感じています。

やりたいお店を思い描けるようになりたい。

いずれは自分でハンバーガーショップがやりたい、と思っていますが、具体的なイメージはまだ描けていません。当社で働いてみて、自分の考えは相当「甘かった」とも痛感しています。入社当初は、食材のことを知らなすぎた自分がいましたし、オペレーションの面でも限られた時間の中で作業を終えないといけないということへの意識も低かったと思います。時間はかかるかもしれませんが、これからどんどん経験と技術を身につけていって、どんなハンバーガーショップがやりたいか、を思い描けるようになりたいと思っています。できることなら、漠然とですが、ファーストフード店のハンバーガーしか知らない子どもたちに「こんなハンバーガーもあるんだ」と感動してもらえるようなお店にしたいですね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加