採用情報

代表メッセージ

採用情報 > 代表メッセージ

ハンバーガーの存在価値を向上させたい、
という想いに共感できる人と、働きたい。

 

「また食べたい」の声で自信がついた。

26歳までバンド活動を行っており、ハンバーガー屋さんになるとは夢にも思っていませんでした。専門的な勉強をしていたわけでもなく、飲食店で働いたことと言えばファミレスのバイトくらいでした。しかし、ハンバーガーをはじめとした肉料理はもともと好きで、バンドをやりながら精肉店で働いていたところ、だんだんと肉の扱いが面白くなってきたのです。

ライブをやっていたクラブで50食限定のハンバーガーを販売すると大好評で、そこからプロサッカーの試合会場で開かれる屋台村などに出店するようになりました。
お客様から直接聞いた意見をより良いハンバーガーづくりに反映させるのが楽しく、「また食べたい」という声をたくさんいただき、自信がついたので、移動販売を始める決意をしました。

 

「やってやる」と、決意と覚悟を決めた。

移動販売からスタートしたのは、店舗を開くよりも初期費用が安く済んだからです。いずれは店舗を構えたいと思っていましたが、結果として移動販売を通して商圏の特徴や不動産物件の相場観を知ることができたのは良かったと思います。出店場所として狙いを定めたのは、働く人の集まるオフィスと住まう人のいるマンションの混在エリア。まさに今、店舗を構えている場所ですね。
移動販売を始める際には金融機関からの融資も受けましたが、その経験を通して「店舗を開く際には全て自費で」と痛感したため、5年かけて開店準備資金として1000万円を貯めました。「やってやる」という決意と覚悟を決め、2011年1月に1号店を出店しました。

「やめておけ」と言われるとむしろ燃える。

2013年に現在の店舗へ移転しています。虎ノ門の2号店は出店したものの撤退、改めて2019年に現店舗に隣接してデリバリーとテイクアウト専門店の開設を計画・・・など、紆余曲折は今でもあります。
現在はデリバリーに力を注ごうと考えていますが、このところ話題になっているデリバリーのアウトソーシングサービスはあえて利用せず、自前のデリバリー部門の拡充を目指しています。その方がお客様のご意見やご感想をドライバーが直接うかがい、私たちにフィードバックできるからです。また、デリバリー利用のお客様にも、できる限り店頭と同じ状態で提供したい、というのもあります。
まわりからは「もっと上手く商売した方がいい」とか「やめておけ」とか言われることもよくありますが、そう言われるとむしろ燃えてしまう性分です。一方で「人の言うことは聞くべきだ」と思うこともありますけどね。

ハンバーガーの存在価値を高めていきたい。

自分は料理の知識など一切ないところから、熱い気持ちだけでここまでやってきました。その原動力になったのは、「ここのハンバーガーを食べて、午後もがんばろう」と思っていただけるお客様の存在だと思います。それはバンド活動をやっていた頃、自分の音楽で「元気になった」「勇気をもらった」と言ってもらえたのとよく似ています。
熱い気持ちをマイクからハンバーガーに乗せ換え、お客様に向き合っています。
そんな私の想いに共感いただける人と一緒に、これからはハンバーガーの存在価値を高めていきたい。焼肉やステーキ、しゃぶしゃぶといった肉料理と同列に、ハンバーガーが認識されるような時代を作っていきたいと思っています。

 

オーナー 柳澤 裕
高校卒業後、クラブでバンドのライブ活動と精肉店勤務を2004年頃まで継続。同クラブでハンバーガーの販売を初めて実施し、好評を得て移動販売を開始。5年間で1000万円を貯め、2011年1月に店舗を出店。2013年に現店舗へ移転、現在に至る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加